Leeo

Leeo(リーオ)を使う前に!ちゃんとLeeo(リーオ)の注意点を確認しよう!

投稿日:

これからリーオを購入する人に、気を付けて欲しいポイントについてまとめました。リーオは公式HPで公開されている情報が少ないため、購入後に「知らなかった!」となる可能性があります。リーオの購入を検討している人は、購入前に是非チェックしてみてください。

Leeo(リーオ)を買う前に気をつけること

脱毛器ちゃん
買ってから後悔したーだなんてもったいないですよ!事前に理解をしたうえで使用したほうが効果がさらに出るはず♡リーオを買う前に必ず下記を確認しといてくださいね!

「色黒さん」や「日焼けさん」は要注意!

実はリーオには、「使用できないタイプの人」がいます。それは「色黒さん」や「日焼けさん」です。

肌の色がかなり黒い人は、リーオを使用することが出来ません。これって、購入前に知っておかないと、かなり損になると思います!エステ脱毛や医療脱毛に通っていた人などは、脱毛器と黒い肌の相性の悪さについて知っている人は多いと思います。しかし、これまでエステ脱毛も医療脱毛経験がなく、初めて脱毛器を購入しようか、迷っている人は、知らない人の方が多いと思います。

脱毛の中では常識になっているので、大した情報じゃないとしても、やはり初心者さんにとっては、すごく重要な情報だと思います。それが公式HPでもしっかり注意喚起されていないのは、少し不親切かなと思います。

脱毛器ちゃん
では、なぜ色黒さんや日焼けさんだと、リーオを使用することができないのでしょうか?

それは脱毛器の仕組みが関係しています。家庭用も業務用も、脱毛器の多くは、メラニン色素の黒色に反応するように作られています。肌の白い部分に、毛根のメラニン色素があることで、脱毛器がメラニン色素の黒色をターゲットにしてムダ毛を処理します。ところが、肌が黒いと、毛根と肌の区別がつかなくなってしまい、最悪の場合は、脱毛器が肌にまで反応して低温火傷をしまう危険があります。

脱毛器ちゃん
そのため、極度に日焼けをした肌には、脱毛器は使用することができないのです。

エステ脱毛では、極度の日焼けを理由に、契約を断られるパターンもあります。そのため、「色黒さん」や「日焼けさん」は、Leeo(リーオ)を購入しても、使用できない可能性があるため注意が必要です。

リーオは本体使い捨てタイプ

現在で市販されている家庭用脱毛器の多くは、「カートリッジ交換タイプ」が多いです。

これはカートリッジを消耗品として、継続購入していくことが前提になります。カートリッジの交換というランニングコストがかかるため、カートリッジ交換タイプを嫌がる人もいます。

脱毛器ちゃん
しかし、リーオの場合は、カートリッジ交換タイプではありません。

リーオの場合は、「本体使い捨てタイプ」です。カートリッジの交換の必要はないけど、本体を消耗したら、本体を買い直さないといけないタイプです。本体価格は他の家庭用脱毛器に比べて激安なリーオですが、長期的に本体を買い直すと考えると、少し悩んでしまいますよね。

脱毛器ちゃん
カートリッジの交換の方が、長期的に見た時に安く感じてしまいます。

リーオの2倍以上の価格になるケノンなら、本体に問題がなければ、カートリッジの交換だけでずっと使用し続けることができます。家電は一度購入すれば、なかなか壊れにくいものなので、カートリッジの交換だけで済むのであれば、もしかしたらケノンの方が安く済む可能性もあります。しかし、本体がいつ壊れるかなんて、誰にもわかりません。

本体の購入価格がめちゃくちゃ高いけど、カートリッジの交換だけで済むケノンと、本体の価格自体は安いけど、本体の買い直しが長期的に必要になるリーオでは、どっちが得かなかなか判断するのは難しいです。

カートリッジの詳細はこちら

リーオは500gと意外に重い

リーオを使ってみると意外にびっくりするのが、その「重さ」です。

リーオはコードレスのハンディタイプなので、一見軽そうに見えます。しかし、実際には500gもあるので、長時間脱毛をすることになると、かなり手や腕への負担がかかります。おまけにリーオは、照射面積が小さいので、全身を処理するとなると、かなりの時間がかかります。その間、ずっと500gのリーオを使っていると、やはりしびれなどの症状を感じる場合があります。

脱毛器ちゃん
エステ脱毛なんかでは、全身を施術すると、一般的には1時間~2時間ほどかかります。自宅で家庭用脱毛器を使って、全身を一気に処理しようと思う場合は、やはりそれ以上の時間がかかると思ったほうが良いでしょう。

500gの脱毛器をずっと持ちながらの処理は、意外にストレスが大きいので、リーオで全身を処理する場合は、パーツごとに分けて、徐々に処理していく方がおすすめです。

Leeo(リーオ)の副作用ってあるの?

リーオを使用する上で、気を付けたい副作用は「肌トラブル」です。脱毛器の使い方を誤ったり、肌の調子が悪い時に使用すると、「かぶれ」「赤み」などの炎症を引き起こす可能性があります。通常は、しっかり冷やせば、数日で元の状態に戻ります。

脱毛器ちゃん
しかし、全部の脱毛器で共通ですが、赤みや腫れが酷くなってしまった場合は、皮膚科を受診することをおすすめします。

また、リーオは妊娠中の使用も認めていますが、本来妊娠中は、施術をしない方が良い期間と言われています。エステ脱毛や医療クリニックでは、施術ができないケースが多いです。妊娠中は脱毛の痛みを感じやすくなったり、体調の変化が激しい時期なので、リーオを使用する場合は注意が必要です。

副作用の対応方法についてはこちらをご覧ください

Leeo(リーオ)をさらに知りたい人は下記の記事をよんでみてね♡

-Leeo

Copyright© 脱毛器ちゃん , 2019 All Rights Reserved.