脱毛器ちゃん

2018年のNO.1脱毛器はコレだ!人気の脱毛器から自分に合った脱毛器を。

脱毛器コラム 脱毛豆知識

タトゥー(入れ墨)を入れると脱毛器は使えない!?タトゥーの脱毛はサーミコンタイプ

投稿日:

脱毛処理の方法はいくつかありますが、タトゥー(入れ墨)が入っている人はご注意を。普通に脱毛処理ができるとは言えません。タトゥーのある部分に照射すると肌トラブルにつながる恐れもあり、推奨されていないのです。タトゥー(入れ墨)が入っている部分には、基本的に脱毛器は使うべきではないと認識しておきましょう。

しかしタトゥー(入れ墨)を入れているけれど脱毛したい人にとっては、納得いかないはず…。そこでまず、どうしてタトゥー(入れ墨)を入れていると脱毛器を使うのが危険なのかご説明していきます。

どうしてタトゥー(入れ墨)があると脱毛器は避けた方がいいの?

  • かさぶたになってしまうから
  • かゆみが出る場合があるから
  • 熱を受け取りやすく火照ってしまうから
  • 腫れてしまうことがあるから
  • 赤くなりやすいから
  • 痛みを感じやすいから

脱毛器が無駄毛を処理するシステムとは要するに、タトゥーをしていると肌トラブルにつながりやすいからオススメできないわけですね。

脱毛器からは、フレッシュやレーザー光線が照射されます。その光やレーザーはメラニン色素にあたり、毛が反応します。そうすると、毛を生産している毛根にメラニン色素が集結します。脱毛器で照射すると光が毛穴を通過して毛根に伝わり、熱エネルギーに転換されます。この熱が毛根にダメージを与えることによって、新たな毛をはえにくくするという仕組みです。これを何度か繰り返していくうちに、毛がだんだん薄くなってきます。

脱毛器ちゃん
例えば家庭用脱毛器のケノンをタトゥー(入れ墨)のある場所に照射した場合、ケノンは色素の濃い部分に反応しやすいため、タトゥーがあると本来無駄毛が受け取るはずの光が、タトゥー(入れ墨)に集中してしまいます。

これでは無駄毛へのアプローチが十分にできず、毛は薄くなっていきません。早い話が、照射してもタトゥーが邪魔して無駄毛を減らせないということです。

脱毛器で照射するとタトゥー(入れ墨)が消えるという噂は本当?

タトゥー(入れ墨)に照射するとタトゥーが消えると信じている人がいるようですが、現実、脱毛器でタトゥーを除去することはできません。これはケノンに限らず他の脱毛器にも言えることですが、脱毛器はタトゥを消すのに特化した光ではありません。たとえケノンを使い始めてタトゥー(入れ墨)が薄くなったかのように感じても、完全に消えることはないでしょう。

脱毛器でタトゥー(入れ墨)に照射した人の感想

あえてタトゥー(入れ墨)のある部分に家庭用脱毛器を使って照射した人の口コミを紹介します。

38才女性

何も知識がなかったので、タトゥーの上からバンバン照射していました。タトゥーの上からでも十分無駄毛が薄くなったような気がしますが、タトゥー自体が薄くなることはありませんでした。

32才女性

タトゥーに何回か家庭用脱毛器で照射したところ、肌が荒れてしまいました。無駄毛に効果があっても、肌が汚くなってしまうのでおすすめできないです。

31才女性

ケノンで間違えてタトゥーに照射してしまったことがあります。他の場所より痛みを強く感じました。当然ですがタトゥーの色が薄くなることもなかったし、無駄毛が薄くなったという効果も実感できませんでした。

22才女性

1回、ケノンを使って試しにタトゥーに照射したことがあります。ものすごく痛くてとても続けられませんでした…。

タトゥー(入れ墨)をしていると脱毛はNG?解決法は?

タトゥー(入れ墨)をしているところに脱毛器はあてない方がいいということですが、タトゥーの部分にも無駄毛がはえていたら困ってしまいますよね。家庭用脱毛器で脱毛するにしても、タトゥーがある部分だけ避けて照射すれば問題ないですが…。タトゥーのある場所にも脱毛器をあてたい場合、何かいい方法はないのでしょうか?

脱毛器ちゃん
実はタトゥーがあると、自分で照射するべきでないどころか、脱毛サロンでも照射を断られてしまう可能性があります。

許容しているサロンでも、「タトゥーから~センチ以上離して照射する」といったような厳しい規定を設けているところもあり、脱毛の効果が弱くなってしまう心配があります。ということで、タトゥーをしている人が気軽に脱毛するための手段としては、セルフ脱毛しかないということになります。

脱毛器ちゃん
毛抜きや除毛クリーム、剃刀を使って無駄毛の処理をすることになるでしょう。しかし、解決法はいくつかあります!

ニードル脱毛という選択肢

今はレーザーや光による脱毛が主流ですが、ひと昔前まではニードル脱毛がサロンでもよく使われていました。このニードル脱毛であれば、タトゥーのある部分でも安心して無駄毛の処理をすることができます。そもそもニードル脱毛とは何かというと、毛穴に針(ニードル)を刺して、電流を流すことで毛根にダメージを与える方法です。現在でも、美容皮膚科やエステサロン(TBCなど)で、ニードル脱毛を扱っているところがあります。タトゥー(入れ墨)がある部分でも脱毛可能ですが、ニードル脱毛は痛みが強いのでそれなりに覚悟が必要です。

サーミコンタイプの脱毛器を使用する

サーミコンタイプの脱毛器とは、どういったものかご存知でしょうか?脱毛に詳しくない人にとっては聞き慣れない言葉でしょうが、光脱毛やレーザー脱毛とは異なり、皮膚の表面に出てきている無駄毛を熱線で焼き切ってしまうという方法です。

毛根にはアプローチしないため、時間が経つとまた新しい毛が伸びてきてしまい、正確には「除毛」ですが、手軽に使える脱毛器なのでおすすめです。広範囲に使える方法で、タトゥーがあってフラッシュやレーザー脱毛ができないといった人に残された脱毛法の1つです。

タトゥー(入れ墨)を覆った上で脱毛する

タトゥーの人は脱毛器使えないということではなく、タトゥーがある部分だけは脱毛器使えないということです。小さなタトゥーであれば、テープや絆創膏でタトゥー(入れ墨)を覆っていれば、照射することができます。どうしても家庭用脱毛器を使って脱毛したい!という場合は、このような方法であればできるでしょう。

-脱毛器コラム, 脱毛豆知識

Copyright© 脱毛器ちゃん , 2018 All Rights Reserved.