2PS

ケノンと2PS!どっちを買う方が得?

ケノンと2PSを比較してみる

家庭用光脱毛器の人気商品、最近は色々な種類が増えてきましたが、人気のトップに出てくるのがケノンと2PS。
この2つの商品は、かなり共通点も多く、選ぶのが難しいところ。
どちらの商品がおすすめなのか? 検証してみましょう。

ケノンのほうが名前はよくきくけどなあ。
どちらにも良いメリットがあるから比べてみよう!

 

 

ケノンと2PSの共通点とは?

まず2PSは、旧モデルの2PS(49,800円)と2PSクリスタル(69,800円)の2種類があります。
ケノンにより近いのは、クリスタルモデルの方。価格も同額です。

この2つの商品は、フラッシュ脱毛というエステなどと同じ光脱毛式の機械。どちらもカートリッジ交換方式、どちらもオート照射と連射が可能です。

最大照射回数が100万発という点も同じ。
またどちらも別売りの「美顔カートリッジ」が売られており、美肌作りに役立つのも人気の秘密。
したがって機械自体の効果はほぼ同じだと思われます。

つまり、どちらを選んだとしても「逆にすればよかった」と悩む可能性は少ない。
しかし、この2つのどちらにするのか選びにくいとも言えます。

口コミはどうなっているのか?というと、どちらも「毛が細くなった、薄くなった」という評価が多い。
脱毛器として双方ともきちんと役目を果たしてくれるようです。

ケノンはレビューを書くと、カートリッジがもらえる特典があるため、レビュー数自体はケノンが多め。

逆に双方とも「効果がない」という声もちらほら。
しかし件数から見て、個人差や使用期間などが原因の可能性大。
脱毛器はどういうタイプのものであっても、一定期間使わなくては効果がありません。

光脱毛器は、毛根付近の細胞にダメージを与え、生える力を殺して、むだ毛を取り除くという方法。
「毛が抜けやすい状態を作る」機械であるため、1回の照射では抜けないこともあります。

またフラッシュ脱毛は、毛根の「黒い色」に反応して毛を抜く仕組み。
毛穴の中に埋まっている毛、これから生えてくる毛を殺すことは出来ません。
これから生えてくる毛を順番に殺していかなくてはいけないんですね。当然時間がかかります。

毛根がしぶとかったり、使う期間が短かったりすると、簡単に毛が薄くならないこともあります。
これはケノン、2PSどちらにも言えること。
この2つの商品は照射の仕組みやパワーに、あまり差がありません。

つまり脱毛効果の有無は、機械の種類というより、家庭用光脱毛器というもので毛が抜けやすいかどうか?という根本的な問題と思われる。
これは実際に使ってみないと、何とも言えないところですね。

ケノンは10段階照射、2PSは8段階照射、どちらも照射レベルを工夫しながら、肌を傷めないよう気長に使うことが脱毛効果を出すコツです。
毛を剃って機械に反応しやすくしておく。肌のコンディションを良くしておくことなどの事前準備や、肌に密着させて照射するなど機械の使い方も大事です。

ケノンと2PSの大きな違いは?

ケノンは、本体に付いているカートリッジの他、エクストララージ、ストロングなど、カートリッジの種類が豊富なのが特徴。

また元々カートリッジの面積が大きく、ラージ、エクストララージになると、更に面積が大きくなります。
広域な部位を脱毛する場合には大変効果的。全身脱毛にかかる時間も短くて済むというメリットがあります。

2PSも旧来モデルより、クリスタルは照射面積が広め。
とはいえ、ケノンよりは狭いのですが、その理由は「肌にフィットさせるため」です。
むだ毛は、細かい部分が気になる場合と、すね毛の濃さが目立つ場合など色々なケースがありますね。

細かい部分の場合は、うぶ毛も残さず、決まった範囲をしっかり除毛して綺麗にしたいことが多い。
逆にすねや腕の場合は、ある程度薄くなればよいときもあります。
2PSは「細かい部分をしっかり除毛」するのに向いているんです。
また本体が、ケノンよりやや軽いため細かい部分をしっかり脱毛するのに、手が疲れるようなこともありません。

そして2PS最大のウリは「VIOゾーンのお手入れ」。
ケノンではVIOゾーンは脱毛不可となっています。
細かい部分を綺麗にしたい場合、またVIOゾーンのお手入れをしたい場合は、2PSが向いています。

逆に、男性の髭など根の深い剛毛は、ストロングカートリッジで照射を強めに出来るケノンが有効。

カートリッジの種類が多いということは、男性、女性を問わず使用が可能。
また剛毛、うぶ毛どちらも対応が可能ということでもあります。
いろんな部位の脱毛をしたい、家族や友人と機械をシェアしたい場合は、ケノンの方が、使い勝手の幅が広くておすすめ。

逆に、女性が細かいところまで、きちんとお手入れをする場合は2PS
が有効ということになります。

まず1番脱毛したい部分がどこなのか?を、はっきりさせましょう。
顔のうぶ毛(鼻より下)や指など、特定の狭いパーツの場合は2PS。

とにかく全身つるすべを目指すという場合は、短時間で広域照射が可能なケノンがよいでしょう。
毛の太さを考えると、男性はカートリッジ変更でパワーアップが可能なケノンがオススメ。女性もVIOゾーン以外で太い毛を脱毛したい場合は、ケノンを選ぶといいですね。

カートリッジが必要以上に大きく肌に当たらない部分が多いと、その分が無駄になります。また肌を傷めることにもなります。
・主に使いたい部位の大きさ
・性別
・1人で使うか複数で使うか
この3点がケノン、2PSを選ぶ場合の、最大の基準になります。

どちらを使う場合も、使用前後には保冷をしっかりと。そして日常から保湿をしっかりしておきましょう。