2PS

2PSの効果的な照射頻度はどのくらい?

2PSの効果的な照射頻度

家庭用光脱毛器は、サロンに通う手間なく自宅で気が向いたときに脱毛できるのがとても便利。
でも、サロンに比べてパワーが弱いため、サロン以上の頻度で使用しなくてはいけません。
ではどの程度の、照射頻度で使用すればよいのでしょうか?

毎日照射したほうが良いというのは大間違いだよ!
ここに文字を入力してください

 

原則として2PSの照射頻度は「2週間に1度」となっています。
その理由の1つは毛には生え変わり周期があるためです。

 

2PSの仕組みは、光を照射することで、毛根付近の細胞にダメージを与え、毛の根っこを殺し取り除くというもの。
しかし、光は「毛の黒いメラニン色素」に反応して、ダメージを与える仕組みになっているため、今表に出ている毛にしか反応しないのです。

 

毛というのは「成長期」「退行期」「休止期」の3段階に分かれて生えてきます。

表に出ている毛が成長期の毛、表に出ているが寿命が終わった毛が退行期の毛。

そして、毛穴の中で生える準備中をしているのが休止期の毛なんですね。

 

休止期の長さは身体の部位によって異なりますが、髪の毛が1番長く体毛はそれより短め。

もちろん同じ体毛でも、脇と足では周期が異なります。また個人差や体調なども影響してきます。

 

今表に見えている体毛は、だいたい全身の毛の3割程度と言われています。

ですから、今見えている毛が1度に全部抜けたとしても、7割はまだ残っていることになるのです。

 

これが生えてくるのを待たなくては、永久脱毛に近い状態にはならないんですね。

また1度抜いた場所から、毛が生えてくる可能性もあります。

場合によっては、1度抜けた場所の毛は更に剛毛になることもあります。この場合、時間をかけて弱らせていくしかありません。

 

したがって、脱毛というのはどういう方法を選んでも「いつもつるすべ」になるのには、かなり時間がかかるのです。

脱毛に大事なのは根気です。

 

サロンの場合、この生え変わり周期を狙って1、2か月程度の間隔を開けますが、家庭用脱毛器はそれより短くなります。

その理由は、照射パワーがサロンよりは弱めだから。

 

1つの毛にダメージを与えて、すぐに退治できる場合もありますが、1度では死なない毛もたくさんあります。

そのため「2週間」というやや短めの期間になっているんですね。

 

だからといって、ダメージを与えるために連続使用してはいけません。今度は逆に肌を傷め、肌が乾燥してしまいます。

すると、毛の生え変わり周期も狂います。

リズミカルな脱毛ができなくなってしまい、何より見た目が汚くなっていきます。

 

肌は水分がバリアとなり、健康的な見た目を維持しているので、綺麗で健康な肌を維持するのに保湿は絶対条件。

 

このように生え変わり周期や、肌への負担の両方を考慮して2PSは「2週間に1度」という期間を推奨しているのです。

生え変わり周期がある以上、焦って短期に使用しても脱毛効果は高くなりません。

それよりも気長に継続することの方が大事。

 

土台のしっかりしている剛毛などは、1度の照射ではダメージを受けにくい傾向にあります。

男性の髭などがそうですね。その場合はダメージを強くするため、やや間隔を詰めてみてもOK.

ただし、間隔を詰めるのは、自己責任。肌を傷めないよう注意しましょう。

 

基本的には、毛を意図的に抜くと自然に抜けたときよりは、同じ毛穴から毛が生えてくるのに、かなり時間がかかります。

女性の腕などの場合は、2週間に1度を4回程度繰り返す、つまり2か月程度使用すれば、見た目にも毛が薄くなったことが体感できることが多いよう。

 

その代わり、同じ毛穴から忘れた頃に毛が生えてくるということもあります。

サロンで綺麗になろうと思えば、かなり長期間きちんと通わなくては「これで安心」とはいきません。

 

2PSの場合、一定期間使用して、ある程度見た目が綺麗になったら、しばらく脱毛はお休み。

また生えてきたな、と思えば、その時に機械を出せばいいだけ。

完全に自分のペースで脱毛ができる点が大きなメリットです。

 

特に新型2PSクリスタルの場合は、本体で100万発打てるようになっています。

カートリッジの追加を買わなくても、本体だけで全身が脱毛できる回数を打てるようになっているんです。

 

また肌の弱い部分には1回のショットを、4回に分けられる「連射モード」もついています。

1度買えば安心、肌の弱い部分にも使用可能という嬉しい設計なんです。

 

旧型2PSは、本体の照射回数がレベル4で13万回とやや少なめ。

しかし毛の抜けやすい人の場合、これで足りる可能性も大。

2PSはカートリッジ交換タイプなので、照射回数が足りないと思えば、そのときにカートリッジを追加購入すればいいだけです。

 

いつでもどこでも使用可能な2PSですが、日焼けした肌など、肌コンディションが悪い場合は、よけいに肌を傷める可能性があるので、使用は控えましょう。

また脱毛した後も、しっかり保冷、保湿を行うこと。

また日焼けも避けてください。

使用前後に肌の状態を良くしておくこと。また焦って、照射回数を増やさない。

気長に使用すること。これが2PSの効果を最大限に活かす方法です。