ケノン

パナソニックの光エステとケノンを比較!

更新日:

光エステって何?ケノンとどう違うの?

 光エステとは、大手家電メーカーパナソニックが販売している光美容器のことです。脱毛方法はケノンと同じで、ハンドピースからフラッシュを肌に照射することで脱毛します。使っているフラッシュもケノンと同じく、IPL(インテンス・パルスト・ライト)という特殊な光です。この光は脱毛サロンで主に使われているもので、肌に優しいから安心ですね。
 ケノンと光エステの違いとして、以下のようなものがあります。

ケノンの特徴

 ・価格:69,800円(ただし、たいていおまけにカートリッジが付く)
 ・脱毛可能な範囲:目の周辺以外なら全身脱毛できる
 ・ハンドピース:約130g
 ・フラッシュの強さ:10段階から調整可能
 ・照射スピード:レベル10で約5秒間隔
 ・カートリッジ:5種類ある(プレミアムカートリッジ、ラージカートリッジ、エクストララージカートリッジ、ストロングカートリッジ、美顔カートリッジ)
 ・脱毛頻度:2週間に1回

光エステの特徴

 ・価格:32,800円から51,800円(光エステのバージョンやお店のセールなどによって、値段は変わります)
 ・脱毛可能な範囲:ワキや腕、足(※バージョンによっては顔の脱毛には対応していません)
 ・ハンドピース:約220~350g
・フラッシュの強さ:5段階から調整可能
・照射スピード:レベル5のとき約2.5秒間隔
・カートリッジ:1種類のみ
・脱毛頻度:1週間に1回

ケノンと光エステの脱毛効果の比較

 ここまで読んだところ、ケノンと光エステとで違いはないように感じられるかもしれません。でも、実際に両者を使って脱毛効果を比較すると違いが結構見られます。ケノンと光エステの両方を使ってみた人の口コミによると、以下のことが分かりました。
 ①1回フラッシュを照射した後に2週間放置した場合、光エステとケノンで違いはない。
 ②6週間光エステとケノンを使い続けても、どちらも肌は脱毛されていてキレイ。
 ③②の段階から3週間放置してみると、光エステのほうではムダ毛がかなり目立ち始めた。ケノンのほうはムダ毛がチラホラ目立ち始めた。
 ④③の段階で一度脱毛して1ケ月放置してみると、光エステだと脱毛前のムダ毛だらけの状態に戻った。ケノンのほうはそんなにムダ毛は目立たなかった。
 このようにケノンでは脱毛効果はしっかりとあります。でも、光エステのほうでは必ず週一で脱毛しないと、すぐに前の状態に戻ってしまうようです。

まとめ

 光エステはケノンより安く買えるため、魅力的です。ただ、必ず週一で脱毛しないといけないというのは結構面倒くさいかもしれません。また、脱毛し続けないと、すぐにムダ毛が生えてくるというのも、ネックです。お金は多少かかりますが、脱毛効果が高いケノンのほうがおすすめです。
詳しいケノンの商品はこちら!


-ケノン

Copyright© 脱毛器ちゃん , 2018 All Rights Reserved.