脱毛器ちゃん

2018年のNO.1脱毛器はコレだ!人気の脱毛器から自分に合った脱毛器を。

ケノン

ケノンのデメリットを詳しくご紹介

更新日:

ケノンのデメリットとは?

 どんなに口コミ評価が高い商品だって、デメリットは必ずあります。それは、ケノンにも当てはまります。ケノンのデメリットとして、以下の3点があります。

(1)永久脱毛はできない

これはケノンだけではなく脱毛サロンでの脱毛にも当てはまることですが、光脱毛では永久脱毛はできません。体の毛がいつかは少しずつ復活していくのに対して、根気強く脱毛し続けなければいけません。もし永久脱毛を望むのであれば、美容クリニックなどの医療機関に行き、ニードル脱毛をしてもらう必要があります。永久脱毛にこだわるのであればケノンは向いていないかもしれません。

(2)モチベーションの維持が難しい

 脱毛サロンで脱毛してもらう場合、予約を取って脱毛しに行くため「絶対にその日に脱毛するぞ!」というふうにやる気が自然と出ます。でも、ケノンでの脱毛は自分1人で行うものです。2週間ごとに体の毛にケノンの光をあてて脱毛しなくちゃいけないということは、頭ではわかっています。それでも、どうしても気が乗らなかったり、疲れていて面倒な日もありますよね。

(3)全部自分でしないといけない

 脱毛サロンと異なり、ケノンでは脱毛前の準備から実際の脱毛、片付けまで全部自分でしないといけません。ケノンのやり方は基本的に冷やして光を照射するといったシンプルなものです。しかし、それでも最初の頃は1人で全部しようとすると大変です。例えば、クーリング一つとっても、脱毛している間にせっかくクーリングしていた肌の部分がぬるくなってしまったということもあるでしょう。脱毛と次の肌のクーリングを同時進行で行えるようになるコツをつかむまでは、少し大変かもしれません。また、ケノンの良さである照射レベルを10段階から選べるということも、最初のうちはどのレベルにすればよいかわからなくて戸惑ってしまう原因になるでしょう。

(4)自己責任

 ケノンの脱毛の光は色素が黒いものに反応するようにできています。そのため、ほくろやヤケドは脱毛前に自分で隠さないといけません。万が一隠し忘れていたとしても、それは自己責任でできた傷ということになってしまいます。また、口コミやレビューだとケノンでI・Oラインの脱毛をしている人は結構いるようですが、ケノンの公式説明ではI・Oラインの脱毛にケノンを使用することは奨励されていません。ですので、I・Oラインをケノンで脱毛して万が一ヤケドとかしても、やはりそれは自己責任の問題ということになってしまいます。

まとめ

 ケノンは脱毛したい人にとって便利なものですが、使いこなせるようになるまではデメリットも感じることもあるかもしれません。永久脱毛したい人や、面倒なことなしにキレイに脱毛したいという人にはケノンは向いていないかもしれません。


-ケノン

Copyright© 脱毛器ちゃん , 2018 All Rights Reserved.