脱毛器ちゃん

2019年のNO.1脱毛器はコレだ!人気の脱毛器から自分に合った脱毛器を。

脱毛器コラム

ケノンの副作用について

更新日:

ケノンに副作用はあるのか?

結論から言うと、ケノンに副作用はありません。ただ、「口ひげを脱毛していて痛かった!」、「ピルを服用していても脱毛できるの?」、「光を浴びると皮膚がんになるんじゃないか?」など、副作用が本当にないのかは気になるものです。以下では、これらの悩みについて個別に説明していきます。

口ひげを脱毛していて痛かった!

痛みや腫れは、ケノンの口コミでたまに見かけることがあります。そういった悩みやトラブルについては、まずケノンの使い方を見直してみるとよいでしょう。

(1)アイシングをしていますか?

 ケノンを使う前に、しっかり肌を冷やしていますか?肌をしっかり冷やすことで、ケノンの光が照射されるときの痛みが和らぎます。

(2)レベルが高すぎませんか?

 ケノンを普段使い慣れているからといって、照射レベルを高めに設定していませんか?特に口ひげのように剛毛な部分に対しては、しっかり効果を出そうと思って、強いレベルでしたいかもしれません。しかし顔は皮膚が薄いため、高いレベルの光をあてると痛みを感じやすいです。初めて脱毛する部分に光をあてるときには、弱めの光から確認しながら脱毛していくとよいでしょう。

(3)連射機能を使ってみてはどうでしょうか?

 肌をしっかり冷やしても、レベルを低くしても痛かったという方は、連射機能を使うという手もあります。1ショットあたりの光のパワーを弱くすることで、痛みを和らげてみてください。

ピルを服用していても脱毛できるの?

 女性なら体調管理のためにピルなどの薬を服用している方もいるでしょう。しかし、薬の中には光感受性を高めるものもあります。光感受性とは、脱毛時に照射される光が肌へ及ぼす影響を出してしまいやすいということです。通常でもケノンを使うことで、極まれに色素沈着することがあります。そして、ピルを服用していると、その確率が若干高まりやすいと言われています。万が一のことを考えると、ピルを服用している状態では脱毛しないほうがいいでしょう。

光を浴びると皮膚がんになるんじゃないか?

 ケノンで照射される光は、元は色素沈着による肌の黒ずみ治療で使われてきたものです。そのため、ケノンの光は安全な光と言えます。皮膚がんにつながるのは紫外線です。

光を浴びるとシミになるんじゃないか?

 シミにつながる光は紫外線なので、ケノンの光ではありません。しかし、ケノンの光を肌にあてることで、肌のバリア機能が低下します。バリア機能が低下した肌は紫外線に対して弱くなっています。そのため、しっかりケアをしないとシミができやすいです。ケノンの光を照射した後は、しっかりと肌の保湿をしてください。また、外出する際には、日焼け止めクリームや日傘などで日焼け対策もしっかり行いましょう。

まとめ

 基本的にケノンには副作用はないので、あまり心配する必要はありません。ただし、使い方やアフターフォローを誤ると痛みやシミが出たりします。正しい使い方をすることで、トラブルを回避しましょう。

-脱毛器コラム

Copyright© 脱毛器ちゃん , 2019 All Rights Reserved.