脱毛器ちゃん

2018年のNO.1脱毛器はコレだ!人気の脱毛器から自分に合った脱毛器を。

脱毛器コラム

自家用脱毛機器ケノンのメリットとデメリット

更新日:

ケノンのメリット

 脱毛サロンと比べたケノンのメリットとして、以下の3点があります。

(1)手間がかからない

 何と言っても、一番のメリットは脱毛するのに手間がかからない点です。ミュゼなど人気の脱毛サロンは予約を取るのが大変です。平日の昼間であれば、自分の毛の周期に合わせた予約を比較的取りやすいです。しかし、仕事をしているとなかなかそうはいきません。その点、ケノンは自宅で簡単にできるため、自分の毛の周期に合わせた脱毛をすることができます。
 その他にも、予約のための手続きや時間調整、お店に通う手間といったものも一切かかりません。また、脱毛施術をしている時にスタッフから話しかけられるわずらわしさもないです。

(2)お金があまりかからない

 ケノンは本体価格69,800円です。また寿命が長いとはいえ、カートリッジも定期的に交換する必要があります。これだけ聞くと、ケノンも結構お金がかかるなぁと思われるかもしれません。しかし、脱毛エステに通うとなると20~30万円と、もっとお金がかかります。また、ケノンは脱毛エステと同様に半永久な効果が得られます。そのため、脱毛サロンに通うことを考えると、ケノンの方がずっとお得なのです。

(3)プライバシーが守られている

 最近では、利用者同士が顔を合わせないような工夫が脱毛サロンで行われています。しかしそうはいっても、胸やお腹、太ももやアンダーヘア周りの脱毛をするとなると、脱毛サロンのスタッフに自分の肌を見られてしまいます。脱毛サロンのスタッフはたいてい女性とはいえ、裸を見られるのは同性同士でも気恥ずかしいものです。その点、ケノンは自分1人で脱毛を行うため、プライバシーが完全に守られています。

(追記)(4)ケースのデザインがおしゃれ

 ケノンの本体・カートリッジを入れるケースがおしゃれなのも、いいですね。脱毛してキレイになるために一生懸命に努力をしていても、その努力はやっぱり他の人には気づかれたくないものです。だって、元は毛深いなんて思われたら嫌ですものね。その点、ケノンのケースはとてもおしゃれなので、部屋の中に置いていてもとても脱毛機械だなんて気づかれません。女性に特におすすめなのは、上品なパールホワイトです。他にも、シャインピンクのケースを置いて、部屋を華やかにするのも十分ありだと思います。もちろん、男性向きのブラックカラーのケースもありますので、男の人の部屋にケノンが置かれてあっても、全然気にならないです。

ケノンのデメリット

 脱毛サロンと比べたケノンのデメリットとして、以下の3点があります。

(1)自分1人で脱毛できる範囲には限界がある

 自分1人で脱毛できる範囲には限界があります。背中のように体の裏側は自分で見ながら脱毛できないので、キレイに脱毛するのは難しいです。また、アンダーヘアのIラインやOラインの脱毛もケノンではできません。
他にも意外と思われるかもしれませんが、脇の脱毛も自分1人では難しいです。脇は二の腕に隠れているため、意外と自分からは見づらい位置にあります。また、くぼみもありますので、自分1人で脇をキレイに脱毛しようとなると、案外大変です。

(2)部分脱毛なら脱毛エステの方がお得になる

 例えば、ミュゼなら期間限定キャンペーンで部分脱毛が500円でできます。全身脱毛ではなく、脇だけのように部分脱毛を望むのなら、脱毛エステを利用したほうが圧倒的にお得と言えます。

(3)事前準備やアフターフォローが必要

 脱毛サロンとは異なり、ケノンでは全部自分1人でする必要があります。そのため、事前準備やアフターフォローもしっかり用意しなければなりません。特に、脱毛後の冷却や保湿は大切です。光を照射されるため、脱毛後の肌は乾燥しています。そのため、脱毛後は肌を冷却する必要があります。また、単に脱毛するだけではなく美肌を目指すのなら、脱毛サロンのようにしっかりと脱毛後に保湿をすることも大切です。

(追記)(4)すべて自己責任

 ケノンで行う脱毛はすべて自己責任です。特にケノンで本来は推奨されていないIラインやOラインの脱毛をして万が一けがをしてしまったとしても、それは自分が悪いということになります。IラインやOラインを脱毛する際には、他の人がどうやってしているかをしっかり調べてからしたほうがいいです。

まとめ

 このように脱毛サロンと比べると、ケノンには経済的といったメリットやプライバシーが守られているというメリットがあります。反対に、1人だと脱毛がキレイに脱毛するのが難しいというデメリットや手間がかかるといったデメリットがケノンにはあります。メリットやデメリットを勘案して、ケノンと脱毛サロンとどちらが自分に合うかを考えてから選ぶ必要があります。

-脱毛器コラム

Copyright© 脱毛器ちゃん , 2018 All Rights Reserved.